初めて展覧会をする前に個展かグループ展か。

展覧会を開催するために必要なもの、手間。作品がまとまってきたら展覧会を開催しませんか。成功迄の道を寄稿して貰いました。

ようこそゲストさん ログイン マイページ ユーザー登録方法 お問い合わせ

はがき印刷のキュービック

HOME > 初めてシリーズ > 初めての作品展を開こう

初めての作品展を開こう

個展なのかグループ展なのか

陶芸展や写真展の作品展に作品展を開こう
□発表したい作品がたまってきた □仲間うち以外の評論を聞きたい □同輩や後輩が作品展を開いた…自分も…
作品制作に打ち込むうち、このような状況になってくると、そろそろ「初めての作品展を」という、実現性のある「夢」がすぐそこに見えてきます。

負担も大きい
ただし相応の負担もあります。お金の面からも、会場費、広告宣伝費(展覧会の案内はがきやポスターですね)、諸々と準備する細かい雑費なども合計するとばかになりません。また、絵や写真ですともちろんそのまま飾ることはほとんどなくて、額に入れたりパネルにしたり…。せっかくの作品展ならと、大作や記念作などを作られる方もおられます。また会期中は専業の方はともかく、勤めなどがあれば休むことも考えなくてはなりません。

それでも作品展を開きたい!
作品展を行うことによって、ざっと考えるだけで●新たな人脈ができる。●新鮮な切り口による評論が聞ける。●将来の制作の場、発表の場が広がる。ということが考えられます。また、いきなりでは少々難しいかも知れませんが●作品販売により収入。もあるかもしれません。どれもクリエイターたる作家に撮ってありがたいことです。作品展後の制作活動の充実度を考えれば、多大な費用と手間をかけてでも、ステップアップの手段としてきわめて有効と思います。つまり作品展はゴールではなく、創作活動の過程と考えるべきです。

グループ展か個展かまずは個展?グループ展?
このような「実益」を考えた時、かならずしも「個展」にこだわる必要はないことに気づきます。グループ展という選択も「実益」はほとんど同量だけ得られますが、出費たる「お金」「手間」は半減することに注目すべきです。まずお金の面から言えば、割り算で安くすむのは「会場費」「お茶や芳名録の雑費」「広告宣伝費」です。二人展、三人展なら割る2、割る3となるわけですから、ずいぶん費用負担が少なくなります。手間も、当日会場につめることも当番制などにすると、減らすことができるでしょう。なにより仲間とわいわいと準備することも楽しいことです。また来客が幅広い客層となることにも注目すべき点です。個展に比べると、組む相手方の、当方とは異なる年代、趣味性の異なる方からの批評を伺えるチャンスが広がることが大きな収穫となります。このように考えると「絵」と「絵」「陶芸」と「陶芸」のような組み方よりも異業種的な組み方を考えてもよいですし、同年代、同性よりも違った組み合わせのほうがより多様な結果を得られます。

グループ展を見に行く立場から考える
お客として見に行く展覧会がたとえば二人展だったとしても、お客さんの作品に対する感想、批評の量も質も半分になるわけではありません。また、写真俳句のように、カメラマンと俳人の関係のように絶対に発表として切り離せないものがあることはご存知だと思いますが、あなたのたとえば「絵」ともう一人の例えば「陶芸」、同じ空間に陳列するにあたり、無関係ではいられない面白さとむずかしさも出てきます。これが見に行く「観客」にとっては楽しいことでもあります。

個展ならではの良さと秤にかけて検討しよう
全部持ちの個展、分業のグループ展、どちらでいくかを、得られるものと失うものとをリストアップすると見えてきます。ですが最後には、「自分の性分に合っているか」が重要です。やはり「一人で」という方が最終的には多いのですが、どうしても自我(じが)が作品に作用しなければ、立ち行かないという「作家」たる性質上の結果なのかも知れません。

DMはがきポスターの発注へ
FAX郵送でDMはがきポスター印刷を
DMはがきポスター資料請求

200_hajimete.png

送料無料

カードとコンビニ支払い

印刷のよくある質問

完全データ入稿

全製品の価格表
全製品の製作期間

印刷物の自由なレイアウト
印刷前の校正確認が無料
案内はがき用オンデマンド印刷も

旧字や外字にも対応

●「お申込み」ボタンで原稿も画像も
 送れます。各種クレジットカードOK
●画像と原稿をメールで送付する方
こちらをクリック
画像と原稿を郵送での送り先
〒370-3602 群馬県
北群馬郡吉岡町大久保630-15
株式会社キュービック
美術印刷 係
メールで問合せはこちらまで
こちらをクリック