展覧会を告知する−案内状印刷と効果的利用法−そしてポスター

筆者は主に日本画と篆刻の個展を中心に、幅広く活躍された作家です。近年は高齢のため個展開催をしなくなりましたがインタビューにより本記事を構成させていただきました。

ようこそゲストさん ログイン マイページ ユーザー登録方法 お問い合わせ

はがき印刷のキュービック

HOME > 初めてシリーズ > 展覧会の日程が決まったら

展覧会の日程が決まったら

準備が多くありますので余裕を持って

会場の検討
展覧会会場の希望は、いままで訪れた中の貸ギャラリーなどから決まると思います。中には「ここ」しか考えられないという方も多く、あまり迷うお話は聞こえてきませんが、あえて決めるポイントを挙げるとすると、●自分の創作活動の地理的な範囲。でなおかつ●発表したい作品群が展示しきれるか。がまずは検討すべき点です。あとは●人通りまたは周辺の混雑/閑散状況。●費用。●希望する日程が押さえられるか。●交通機関や駐車場。といったところでしょうか

日程を決めて会場の予約をしてから
日程と会場が決まれば、開催日にむけてさまざまな準備をしていきます。これがなかなか大変で、特に創作活動と平行して行う場合は、学祭前の準備に追われる学生にもどったかのような忙しさです。それでも順を追い、準備不足に陥らないようにしましょう。まずは●作品選び。これは会場の広さや展示方法の制限などに依存しますので、会場が決まったらまずはここから入るべきかと思います。次に●当日までに間に合わせたい作品づくり。です。これは特に若い作家さんが苦労する点で、経験豊富で作品が多数プールされているような方や、原画展などすでに区切りのついた制作物の展示などは別ですが、ほとんどの場合、会期に間に合う様いくつか創作をしなくてはなりません。

案内状を作ろう貸ギャラリー、新聞社などへの告知宣伝
ギャラリーで配布する会報や、ホームページの開催予定の掲載などを活用しない手はありません。また、下の段で説明している展覧会の案内状案内はがきが出来上がりましたら、新聞社に送ることも忘れてはなりません。ときどき新聞社に送ることを躊躇している方を見受けますが、遠慮することはありません。どんどん送るべきです。送る時期は案内状が出来てからで十分間に合います。会期直前でもかまいません。新聞社の文化部系に知り合いの記者がいますが、話を聞くと、そうやって送られてくる葉書を待っていていて、それを見て記事にしたり取材に行ったりするそうです。地元の新聞、たとえば河北や上毛新聞、何とか日報など、地元で一定の読者のある新聞社はもちろん、朝日や読売も地元欄に掲載してもらえる可能性がありますし、新聞本誌に掲載されなくても付属紙に掲載などもあります。また、地元のフリーペーパー発行の出版社にも情報を送るべきです。こちらは雑誌などの形態のため、月刊誌は2ヶ月、週刊誌で1ヶ月程度前に情報を送るべきで、詳細を書いたファックスで良いでしょう。作品写真や詳細とともに郵送も良いですが、常に「ネタ探し」をしている取材記者は、興味があれば自ら出向いて取材してきます。

案内はがき印刷とポスターは最低でも1ヶ月前に。
展覧会を開く、でもだれにも知られていなければ意味がありません。案内状案内はがきは、展覧会の告知にきわめて強力な広告効果を発揮してくれます。いただく方の立場から申し上げますと、展覧会会期の1ヶ月も前にもらっても、思わず「まだ先の話だなあ」とつい「お蔵入り」してしまいます。かといって2〜3日前にいただいても、予定が入っていなければ良いのですが、そういう時に限ってなにか入ってるものです。常識的に「2〜3週間前にポストに投函」くらいがちょうど良いかと思います。私も案内状をいただきますが、会期の2週間前から10日前くらいにとどくパターンが多いでしょうか。宛名書きの手間もかかりますので、1ヶ月前くらいに作り上げましょう。必要枚数は多めに考えてください。発送する以外にも、よく利用するお店や画廊、画材屋さんなどに置いてもらいます。こういったご商売の方は頼まれなれしています。どさっと持っていって頼んでしまいます。もう一つの告知方法を挙げますと、ポスター掲示です。案内状は特定の方、不特定の方兼用の告知方法ですが、不特定の方への告知専門はポスターが最適です。利用する画材屋さんと自宅(アトリエなど)、ギャラリーが場所を提供してくれるなら、合計2、3枚程度でしょうか。あとはお知り合いのお店をしている方、当日会場入り口にもあったほうが良いのは言うまでもありません。

目録やカタログ作品解説や目録、作品ごとの解説用紙、などの準備
展覧会にお客様が入られましたら、手ぶらで作品を見て回るより、案内になる目録があると便利です。ただし十数点など、比較的小規模な個展などでは省略される方も多く、お好みでよいでしょう。ただ見に行く方としては、会場では作品理解の一つになりますし、けっこうファイルして後日眺めて楽しんだりしていますから、無下に「そんなものはいらない」などとせずに一考しても良いかと思います。また、絵や写真ですと、作品ごとに「F20号 黎明」「とか「光景 F11 1/250」など、展示物とともに表示します。カード形式で用紙は市販もされていますが、プリンターなどで作られる方、和紙などを切って作る方、印刷屋さんに頼む方などさまざまです。

雑貨な面々
貸しギャラリーの壁面は、たとえばテープ禁止、ネジ釘禁止、規定のフックのみなど、なんらかのルールがある場合がほとんどですので、当日慌てない様事前に確認します。もう一つの確認は「お茶出し」です。お茶やコーヒーの接待が可能な場所が多いですが、公共機関などは「禁止」のところもあります。可能であるなら電気ポットやコーヒーやお茶、お茶菓子などを用意します。当日受付に置く芳名録、筆ペンやボールペンの筆記具は予備も欲しいですので多めに。タオルや布巾、灰皿、お祝いなどやお言葉を書き留めるノートなどが必要です。作品を売買する場合、事前に貸しギャラリーの決まりに従い、領収書や収入印紙などをどうするのか(ギャラリーで用意することが多いようです)確認します。

貸しギャラリー額装やパネル、軸表装など
作品自体が出来上がっていても、飾るための仕上げが必要な作品があります。「絵」「写真」などです数がまとまると、直前に買い求めても、在庫がない、取り寄せなどとなってしまいます。筆者の場合、取り寄せで「問屋にもない」ため、1ヶ月近くかかったことがあります。早めの手配が失敗をしないコツといえるでしょう。また書などは表装が必要です。表装表具屋さんも、秋など最盛期は非常に込み合いますし、本来が乾かして何週間か放っとく作業のため、仕上がりまでだいぶかかります。

いよいよ搬入
数が多いと業者に頼む方もおります。美術品なので、やはり専門業者が安心です。また、ご自分で運び込む場合は、ちょっとしたトラックやバンなどが必要かもしれません。突然の雨や渋滞など、リスクを考え余裕をもって搬入しましょう。車に積む際は対ショックのためのクッション材はもちろんですが、作品と作品の間が、スレなどおこらない様、なにかかませるなど、注意が必要です。軍手、ガムテープ、荷物ひも、カッター、はさみ、釘やネジ、ドライバー、タオルや布巾もお忘れなく。作品の壁掛けはできれば人をたのみ、指示と曲がりなどの確認に徹した方が、最後の見落としも無く、無事に「店開き」ができるかと思います。お手伝いいただいた方には食事など、お礼をお忘れなく。

3Dセキュア対応

プライバシーマークBSIとISMSマーク当サイトでのクレジットカード情報は《3Dセキュア( JCB / VISA / Master )》と《 セキュリティコード》により厳重に守られています。お客様がクレジットカード情報を送信いたしますと、ISMS認証とプライバシーマーク取得の決済会社へ直接情報が送られます。当社でカード情報を閲覧したり保存したりすることはありません。

個人情報の保護

お客様の個人情報を保護するために細心の注意を払い、個人情報に適用される法令を遵守致します。資料請求と問い合わせ時のお客様情報は、一定の期間を保管の上、削除させていただきます。製品を注文した場合のDMはがきやポスターなどの版データは、バックアップデータとして保存し、社外に閲覧やコピーなどできないよう厳重に保管させていただきます。保管データの利用につきましては当社規定により、ご本人様、所属団体などの求めにより使用させていただく事がございます。

印刷を手軽に

●高精細カラーDMはがき印刷:作品展・個展など展覧会告知…画家(絵画展・スケッチ展・日本画展・洋画展)写真家(写真展・写真教室展)・陶芸作家(陶芸展・作陶展)・キルト作家(Quilt展・パッチワーク展・キルト教室展)の告知に最適です。●大判ポスター:作品展・個展・展覧会の告知に…作家に加えて画廊・デパートなどの催事の告知。●1色はがき案内状:挨拶状として最適です…引っ越し・転勤・定年退職・同窓会(クラス会)・法事(三回忌や七回忌など)・開店(開業・オープン)・事務所移転・社名変更・廃業/閉店・社長/役員交代・歯科定期健診・耳鼻科/眼科の定期検診・車の定期点検/車検のお知らせ。●名刺:作家から一般の方。●喪中はがきも中年賀状:年賀状の欠礼のお知らせに。●発表会プログラム:1色モノクロ印刷は会場で配るご案内に…ピアノ・バレエ・日本舞踊・演劇・大正琴・歌謡教室など各種発表会・教室展に。カラー印刷は写真展や絵画展、作陶展の作品紹介にもご利用いただいております。●その他展覧会と告知に関する印刷、DMはがきに関する印刷ならなんでも。

キュービックの紹介

群馬県北群馬郡吉岡町でDMはがき、名刺、ポスター、絵はがきセットなどの少部数印刷を営業。特に展覧会関連の印刷に強い。前橋市・高崎市に隣接する吉岡町はアクセス抜群の好立地です。サイトはhttp://www.tenrankai.jpアマチュア無線専用のQSLカードサイトも運営。交信証と呼ばれる無線局に必須のQSLカードはアマチュア無線連盟(JARL)経由で流通しています。http://www.qbic1.com

DMはがきポスターの発注へ
FAX郵送でDMはがきポスター印刷を
DMはがきポスター資料請求

200_hajimete.png

送料無料

カードとコンビニ支払い

印刷のよくある質問

完全データ入稿

全製品の価格表
全製品の製作期間

印刷物の自由なレイアウト
印刷前の校正確認が無料
案内はがき用オンデマンド印刷も

旧字や外字にも対応

tytle_carender.png

●「お申込み」ボタンで原稿も画像も
 送れます。各種クレジットカードOK
●画像と原稿をメールで送付する方
こちらをクリック
画像と原稿を郵送での送り先
〒370-3602 群馬県
北群馬郡吉岡町大久保630-15
株式会社キュービック
美術印刷 係
メールで問合せはこちらまで
こちらをクリック