高精細−あざやかな発色【DMはがき案内状印刷のキュービック】

高精細印刷は鮮やかな色も得意。ドットの間が狭いので密度感あふれる色を再現しますので、通常オフセット印刷と比べるとその差は歴然とします。

ようこそゲストさん ログイン マイページ ユーザー登録方法 お問い合わせ

はがき印刷のキュービック

HOME > 高精細AMスクリーンオフセット印刷 > 高精細印刷−鮮やかな発色

高精細AMスクリーン印刷

 オフセット印刷は網点で構成されていますが、人間の目で見て不自然さを感じない程度のレベルで、技術的、価格的にバランスがとれているのが175線印刷です、高精細印刷は、さらに細かさを追求し裸眼ではどんなに目を凝らしても網点が認識できないレベルにまで細かくした技術が「高精細AMスクリーン印刷です。超微細網点AMスクリーンは、洋画、日本画、写真、陶芸など美術作品の描画において細密描写を可能にしました。全ての個展・展覧会用DMはがき印刷、そして、メインストリームの絵葉書セット印刷(ポストカード集印刷)に採用し、キュービックの新たな美術印刷の標準としております。

高精細印刷

高精細ならではの5つの特徴 その1

クリアで透明感のある発色は美術系のポストカード印刷に最適です

鮮やかな発色

 高精細粒子は、色のドット間が小さくなり、色の鮮やかさがアップします。隙間が多い175線にくらべると、いわばインクののっていない白い部分が減った状態です。これはベタ以外の部分、ドット間がある対象物の場合の特性です。ベタ濃度は変わりませんから、これにより大きく色の濃度が変わってしまうことはありません。いわば色の薄い部分から中間部分までの色のノリが良くなり、発色が鮮やかになった、あるいはヌケのよいクリアな画像と感じることになります。

●左写真175線のイメージ ●右写真高精細AMスクリーン印刷のイメージ
kou_hasshoku2.jpg鮮やかな発色高精細印刷

 拡大図を図示してみますと、白い面積の少なさがよくわかると思います。また、ベタは、全面真っ黒になることですから、ベタの色の変化は無く、中間部分、うす網の部分の違いということがお分かりでしょうか。

●左図175線のイメージ(単色) ●右図高精細AMスクリーン印刷のイメージ(単色)
175線拡大250線拡大

 実際にはカラーオフセット印刷はC版M版Y版BL版と4版あり、スクリーンを少しずつ角度をずらして印刷されますので、印刷物自体の白い部分はますます少なくなります。このことから、単純な平網でも鮮やか感はありますが、写真など複雑な色の配合されたフルカラーの再現で、175線印刷と高精細AMスクリーン印刷とはますます品質の開きが出ることが、原理上からも明らかです。

●高精細AMスクリーン印刷のイメージ(カラー)
網店のイメージ図

オフセット印刷の線数とは
オフセット印刷は、網点で構成される印刷ですが、一般的には175線程度までの線数、網点のドットの粒子の細かさです。これが印刷のしやすさと再現性のふたつをバランス良く考えたいわゆるバリュープライス的な仕様です。一般的な雑誌、カタログ、パンフレット、会社案内など、普段目にする印刷物は大抵この175線ということになります。線数が少ないと粗い粒子、細かいと小さな粒子の印刷です。線数が少ない例は「新聞」です。新聞は85線から100線程度となりますが、紙がざらざらでインクが滲むため、線数を細かくすると逆につぶれて汚い印刷になりそうで、一見低い解像度ですが、新聞用紙を加味して考えると、ベストな線数といえます。話をもどしまして、一般印刷にはなんの不足もない175線印刷ですが、美術印刷にはいささか表現性、再現性の点で物足りなさがあるのが実情です。また、新聞の例を見る通り、線数アップには、紙の質も高くなければ品質が伴わないことがわかります。加えて申し上げると、印刷オペレーターの熟練度も高いものが要求されてきます。

DMはがきポスターの発注へ
FAX郵送でDMはがきポスター印刷を
DMはがきポスター資料請求

200_hajimete.png

送料無料

カードとコンビニ支払い

印刷のよくある質問

完全データ入稿

全製品の価格表
全製品の製作期間

印刷物の自由なレイアウト
印刷前の校正確認が無料
案内はがき用オンデマンド印刷も

旧字や外字にも対応

tytle_carender.png

●「お申込み」ボタンで原稿も画像も
 送れます。各種クレジットカードOK
●画像と原稿をメールで送付する方
こちらをクリック
画像と原稿を郵送での送り先
〒370-3602 群馬県
北群馬郡吉岡町大久保630-15
株式会社キュービック
美術印刷 係
メールで問合せはこちらまで
こちらをクリック